出来れば持ちたいゴールドカードですが、年会費が高いのは嫌ですよね。
バブル期以前は、年会費が高いことこそがゴールドカードのステータスとも言われてきましたが、最近ではそんな考えは時代遅れとなってきました。
熾烈を極める顧客獲得争いをゴールドカードの会員確保を目指すクレジットカード発行会社がそれぞれ差別化を図って、年齢や収入などのライフスタイルに合わせたゴールドカードを提案しています。


<格安のゴールドカード>
なんと年会費がわずか2000円で済むゴールドカードも存在します。
それは三菱東京UFJ銀行が発行する「MUFGカード」のゴールドカードなどです。
勿論、年会費が高めのゴールドカードと比較すると、サービス内容が若干落ちますが、それでも年間わずか2000円でゴールドカードが持てるのならば納得です。
>>>おすすめのクレジットカードを比較しよう


<上質なゴールドカードも健在>
年会費は安い方が良いのですが、年会費1万円で上質なサービスがついてくるゴールドカードもあります。
正直、1万円で得られるサービスで十分だと思いますが、年会費で3万円程度まで予算を確保できるのならば、さらにクオリティの高いサービスを提供してくれるゴールドカードも存在します。
そのレベルになると、財布に入っているだけで、ステータスとなったりします。


いくらゴールドカードといえ、ブランドばかり意識しても、今の時代には合いません。
自分自身のライフスタイルに合ったクレジットカードやたゴールドカードを見つけて、愛用してください。


次の記事(ゴールドカードにも様々な種類がある)へ